キチなんです

キチ・セコ・泥のリアルな体験談を中心に2ちゃんねる系掲示板で話題のスレッドをまとめたブログ

2016年03月

962 2015/10/01(木)20:13:08 ID:opO

不倫話&虐待話だから叩かれ覚悟
不快な人は閲覧注意。

JKなりたての頃の話。
中学ではデブだった私、キラキラ彼氏持ち高校ライフ(笑)を送るべく運動部へ入部し、見事ダイエット成功。
でも部活忙しくて休みもないし対男子のコミュ力もなく彼氏できなくて、少女漫画で妄想する日々だった。

ある日雨で部活が早く終わって、渡り廊下で1人で雨が弱くなるのを待ってたら、男の人に声をかけられた。
何回か見かけた事がある、定時制の部を担当してる若い先生だった。
初めて接する男の人&大人だからか会話も珍しく弾む!って事もあり、それから何度かお話するうちにすっかり恋に恋してる状態に。

ホイホイ告白を受け入れて初体験までしてしまった後、先生が既婚かも?と人伝に聞いた。
現実感がないまま本人に尋ねると、元生徒が今嫁になった~とサラリと言われ、 じゃあ遊びだったの?好きって言ってたのは?あたしの初体験って…と混乱しつつ、 なぜか取り乱したらダメな気がしてて「お子さんいるんですか?」と聞くとまだ赤ちゃんだった。

ペラペラと子供可愛い話をされ、ほぼ頭に入って来なかったんだけど
「お風呂に入れてあげるのは俺の役なんだけど、こっそり湯舟に落としてみるんだ~。口パクパクして超面白いよww」
と笑いながら話してる姿を見て、急に先生が人間に思えなくなって、吐き気をもよおして「ちょっとすみません」と言ってトイレへダッシュ。
それからはずっとその先生を避けて過ごしてた。
(今なら児相に相談とか考えるけど、考え付きもしなかった。申し訳ない)

半年後、彼氏が出来て一緒に地元で大人気の雑貨屋に行ったら、ばったり先生夫婦と会った。向こうから声かけられて、 これがうちの嫁さんと子供、と紹介されてびっくりした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

469: 05/03/16 12:45:35

このスレ頭だけ読んで、思い当たる節があるのでカキコさせてください。
俺、妹の結婚式に「相手は美男美女が多いのに、お兄ちゃんみたいなブサイク出したら、 うちがどう思われるか分からない」という理由で出席拒否されました。
親が出席を勧めても「もう相手には兄は死んだ事にしてあるから無理」と返事。
親もその言葉を聞いて了承。

当日。
携帯の電源を切って、家から300キロほど離れたサービスエリアでバイクを降り、携帯を確認すると親戚と 親と妹から結構な数のメールが入っていた。
内容を確認し、三者の発言を総合すると、披露宴で親戚が俺が来ていないのを妹に尋ね、隣にいた新郎に 「それ誰?」と聞かれた妹が言葉を濁していると新郎の親戚が「二股かけてる男なんじゃないの」と 酔った勢いで冗談めかして言った。

それを聞いていた新郎父が「二股をかけているような女なんぞいるかぁ!」と叫んだのを皮切りにその後の 披露宴は非常に殺伐とした空気の中で行われ、現段階では妹とその旦那はホテルから場所を移して二次会に 移っているが、双方の両親と親戚がホテルの一室に集まり、これから先の事を話し合っている真っ最中。

仕方ないので、親に連絡。
親は戻ってきて相手に説明してくれと言ったが、妹の行いに半ば切れていた俺はこう言った。

「あんな理由で出席拒否されて、親戚に根回ししていなかったあなたがたのミスでしょ。それを今更戻ってこいですか。 奴がどうなろうと知ったことじゃないし、俺は死んでるんでしょ。なんで親戚にもそう言って押し通さないかなぁ。 ってことで無理! じゃ」
電話を切り、タンクバッグの一番奥に突っ込みツーリング再開し、結局家に帰ったのは三日後。

親にその後の話を聞くと、妹は洗いざらい新郎に話したが、兄弟を(話の上で)殺す娘は願い下げとなり、破談。
式・披露宴代もこちらが払う事になり、妹は引きこもってしまった。
仕方が無いので、俺が相手方に出向き、妹の非礼非常識な行動を、俺が頭を下げて納得してもらい、破談は解消となった。

ちなみに、会社は長期休暇を取っていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

563 名前: :2008/02/14(木) 14:22:00 0

待っていてくださった方がた大勢いらしたようなのに、
書き込みできなくてすみません。
たいした話はしてないんですが精神的にすごく疲れて、
昼過ぎまで眠っていました。

話し合いは長かったので、
義弟嫁さんが録音してくれたものを聞きなおしながら
主要なところと印象に残った部分をつないで書いています。
文章が苦手なので伝わりにくいかもしれませんがご容赦ください。


まずあれから、私のところに義弟嫁さんが来て、
義弟嫁さんの置かれている状況を話してくれました。

義弟は保険に未加入だったため保険金は無く、
義弟が独身時代に作った借金を返し終わったばかりだったので
もともと貯金もあまり無く、
さらに葬儀その他でそのわずかな貯金もほとんど使ってしまったこと、
今もまだ働き始めたばかりで引越し資金もない
(口座に20万程度しかないらしい)こと。

春になれば甥が幼稚園に入れるので、
トメに頼らなくても延長保育を使えば
母子家庭でなんとかやっていけそうだということ。

つまり、引越し資金と、
幼稚園がはじまるまでの間の甥の預け先さえ決まれば
なんとか逃げることはできるかもしれないということでした。

実は、私達が引っ越してきてから、
出て行くことを何度も考えていたらしいのです。

はじめは、せっかくの広い二世帯だから他人の自分が出て行き、
長男夫婦といずれ生まれるであろう子供達が暮らすのがスジではないか、
くらいの思いだったのが、夫が妙な行動をしだしてからは
生理的嫌悪感から引越しを考えるようになった、と。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ