キチなんです

キチ・セコ・泥のリアルな体験談を中心に2ちゃんねる系掲示板で話題のスレッドをまとめたブログ

修羅場

296:  2014/08/09(土)07:26:51 ID:42SDfbHRV

大昔の話。出掛けて帰ってきたら、住んでた市で子供が襲われてなくなる事件があった。
地元の隣の区で夜にテレビで見ながら両親と怖いなと話してた。
事件がトップニュースでなくなった頃、家に警察が来た。
親がいなくてバイト休みだった俺が対応した。住民調査か何かで色々聞かれた。
それからどれくらい経ったか忘れた頃。バイトが休みで寝ていると親に起こされた。
警察の人が来ていて話を聞きたいと。

玄関に行くと先日の警官を含む制服二人と私服の刑事だという人がいた。

俺君かな?ちょっと事件があって、確認だけさせて」と笑顔で言われて以下のことを聞かれた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

【みんな】報告寺3【どうしてる?】
249: 2008/03/15(土) 07:00:59

おはようございます。 

来週はいったら俺の実家は実家でリフォームの計画進めるそうです 

離婚が決まってないし 俺が実家に戻る!とかは特に親から何も言われてないが 
実家は実家で俺の名前で生命保険掛けてたんで 
「金あるから改築する」言ってた 

今月中 なんとか一回でも 
嫁と直接話す機会作ります 

また報告きます

続きを読む

950:  2008/03/09(日) 21:42:51

携帯電話から申し訳ありません 

ここは相談しか受け付けませんか? 
意見を聞きたい は 駄目ですか? 
悩んでいます

953:  2008/03/09(日) 21:43:55

>>950 
えーっと、携帯なのは別に構わんが、「相談」と「意見を聞きたい」は何が違うんだ? 

955:  2008/03/09(日) 21:44:35

>>950 
逃げられそうならいいんじゃないの? 
まずはテンプレ埋めよう。 

974: 2008/03/09(日) 21:58:54

950 です 
状況・自分がどうしたいかは後述します 

俺:28 無職 障害者年金月7.9万支給(二ヶ月に一度15.8万が口座に入る) 
嫁:24 現在はパート掛け持ち 
月に大体20〜25万 
子供はなし 
同居ではない 
家は賃貸アパート 
結婚:お互い初婚 同棲2年、結婚2年 同棲前付き合いは一年くらい 

煙草・ギャンブル・浮気 
後だし項目はない 

書くのが遅いですが すいません

983: 2008/03/09(日) 22:04:29

新しいスレッドまで 待ちます 

なんとかまとめますね 

相談者の方 邪魔してすいませんでした

23: 2008/03/09(日) 22:18:30

【状況】 
俺は半年ちょっと前 交通事故でやられ身体障害者になった 
脊損で半身麻痺と 車体に挟まれ左手の中・薬・小指がない 

4ケ月ほど入院。退院後 嫁に八つ当たり的につらくも当たった 

「未来がない。私はまだ若い。一生介護していくのが我慢できない」と言われ でていった

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

831:  2016/01/16(土)00:40:37 ID:KUl

書いてたらかなり長文になった。
連投ウザーな方は、非表示にして下さい。

大学生の時、6歳年上の社会人と付き合ってた。
今思えば小学生がそのまま大人になっただけの、情けない男だったんだけど
「子供みたいに無邪気で可愛い人」と当時の私は思ってた。
であいは友彼の紹介というか
友人と私が遊んでいるところに友彼と元彼がやってきて、一緒に遊ぶことになった。
元彼は友彼のサークルの先輩で、たまたま近くで遊んでたから私達と合流したって話だったと思う。
元彼とはすぐに意気投合して、その日のうちにメルアドを交換。

続きを読む

338:  2016/01/13(水)21:49:05 ID:QJN

俺は大学生の時、パチス/ロを覚えてシぬほどハマっていた
それで勝てれば今頃パチプロにでもなれてたんだろうが、残念ながらそういう訳にはいかず…
いつのまにか50万程度の借金が出来てしまっていた

ここで一勝負して一発大逆転と思ったのだが、軍資金がどこにもない
仕方が無いのでまたお金を借りに行った所、消費者金融から保証人が必要だと言われた
なので後輩に無理矢理頼み込んで連帯保証人になってもらった

勝負の結果は案の定…大負けで更に借金を背負っただけだった
負けを取り返そうと更に意地になって借金に借金を重ねて勝負を
し続けた結果、借金は数百万に膨らんでしまった
連日連夜の取り立てと借金の恐怖に怯えた俺は、大学を辞めて逃走した
元々大学は単位が足らずに留年が確定していたので、さして未練は無かった

続きを読む

↑このページのトップヘ