キチなんです

キチ・セコ・泥のリアルな体験談を中心に2ちゃんねる系掲示板で話題のスレッドをまとめたブログ

エネ夫・エネミー

685 ::2008/02/05(火) 13:18:16 O

里帰り出産中に家がウトメ同居仕様に改装されてたorz
改装費用はどこから?
同居ってまだウトは現役で働いてるのに、ここからどうやって通勤するんだ?(我が家と義実家は新幹線で移動する距離)
その他色々わからない事ありすぎてパニックになってた
旦那に理由を聞いた私の両親が激怒して再び実家へ連れ戻された


里帰り中
「帰ったらおっきいプレゼントがあるんだ」
と言っていた旦那。プレゼントってウトメと同居?
なぜプレゼントと思えるんだろう…

再度実家に帰ってきた次の日トメから電話があった
「毎日孫ちゃんの顔見たくてお父さん(ウト)と相談した
会社を辞めて○○(旦那)の近くに引っ越そうと決めたら
○○が一緒に住めばいいって言ったからそうした。嫁子ちゃんダメだった?」
ダメに決まってんだろうが!
会社辞めてどうすんだ!まだ50代前半なのに
旦那は何がおかしいのかわかってないし
せっかく同居なのになんで孫を毎日見れないんだとウトは文句を言ってるらしい
トメは天然なのか策士なのかまだわからないし


呆れたのと寝不足で怒る気力が今の私にはないorz

続きを読む

329 ::2007/10/14(日) 13:09:40 0

>>143
伴侶じゃなく他人を信じるエネ…腹立つし、悲しいよね。
たぶんエネはあなたが悲しんでる理由すら分からないんじゃないかな。
「嫁が過ちを犯したから自分が正しく叱ってやった」くらいに考えてそう。

相手はトメではなかったけれど、わたしも元夫エネに全く同じことされて
家を出たクチ。自分がやってもいないことでお前は最低だと責められ
まくって、こいつ(エネ)といたら自分が自分でなくなる!と思った。
二人でいる方が孤独を感じるような家庭には戻らなくていいよ。

続きを読む

5 ::2009/06/30(火) 16:35:15 ID:t3ayD4nh

家庭板の真のエネミーは義実家ではなく配偶者スレ167の456に書き込んだ者です。
誘導されて来ました。文章や説明が下手で皆さんをイラつかせてしまったらすみません。

二人目を妊娠中で、お腹の子が男の子だと判明したところ
夫や夫親から、あちらの家風に沿った名前をつけろと言われています。
一人目は女の子で、そういった干渉は一切ありませんでした。

今週金曜に検診なのですが、姑が同行したがってると夫から言われました。
これも一人目の時にはなかった話です。
今まで検診に夫や実母など誰かと行ったことはありません。
断りの電話をしたところ、
「電話じゃ話にならないから今夜か明日の夜二人(夫両親)で行く」
と怒られてしまいました。
夫両親とは今までこういった確執がなかったので困惑しています。
名付けも子育ても夫婦二人だけでしたいだけなんですが、夫はどうやら夫両親側についてしまったようです。
なんとか解決方法はないでしょうか?長文失礼しました。




続きを読む

456 ::2009/06/29(月) 23:47:02 O

子供の名前話について読んでたら、自分の夫もエネじゃないか?と思えてきた。

私実家→一族の男性はほぼ全員同じ漢字を名前の一部に使用。私の弟が本家跡取り。
(徳川家がみんな家○って名前みたいな感じ)
わかりやすく「A○」ってする。
夫実家→ウトとウト兄弟と夫だけが同じ漢字を使用。
こちらは「B○」ってする。

で、現在二人目妊娠中。お腹の子は男の子だと発覚したのが今月はじめ。
そしたらウトメが「名前は「B○」にしなさい」と言ってきた。
夫と私は一人目(女の子)の時から子供の名前は自分たちで付けるって決めてて、
実際にウトメや実両親には相談もせず自分たちで名付けた。
だから今回もそうするつもりで夫に断らせた。
だけどウトメがかなり強気の態度なせいか、ついに先日夫が
「「B○」って名前もアリだよな?」
って言い出した。

続きを読む




823 :2007/06/09(土) 14:44:22

今日のトメ
「明日は親戚の皆さんを呼んで、お食事会をしましょう。お義母さんの好きなもの何でも作りますから」と言うと

トメ嬉しそうに、チーズたっぷりキッシュとか酢豚とか
いろいろ言ってきた。

ちなみに明日のお食事会のメンバーは
旦那の友達医師夫妻
私の実父母
脳腫瘍手術後、完治した私の母方の叔母
トメ長兄夫妻
トメ次兄夫妻

けっこうメンバーが多いので、ご馳走のしたくが大変です。
明日はみんなに録音を聞いてもらい、
病院嫌いのトメに「検査入院」を説得してもらいます。

では、下ごしらえに戻ります。
お酒も沢山用意しておかないと・・・・。あータイヘンタイヘンwwww

続きを読む

↑このページのトップヘ