キチなんです

キチ・セコ・泥のリアルな体験談を中心に2ちゃんねる系掲示板で話題のスレッドをまとめたブログ

スカッと・スッキリ

614: 投稿日:2009/12/17(木) 18:13:54

上手いはじめ方がわからないのでいきなり書き始める
義理家族構成はトメ、義姉、旦那の三人(ウトは鬼籍)。
義姉の家と私達夫婦の家は徒歩三十分。
義姉はトメと同居して養っている。

トメは、例えば私をわざわざ呼び寄せて掃除をさせ、自分は何もせず、掃除させたところを眺めて
「まあ、ちっとも綺麗になってないじゃない。掃除もまともにできないのねpgr」というようなことをする人。
(呼びつけるのは義姉のいない間)他にも洗濯や料理など…

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

732: 04/05/28 09:39 ID:mnSp7+Lv

近所にコンビ二がある、駐車場少なめ。
そこが満車になると店の細い横道(駐禁地帯)に駐車する馬鹿がいる。
酷い香具師になるとキーつけっぱなしでエンジン切らず変な音楽を大音量でかけたまま店に入っていく。

この前のGWの時もVIP仕様エスティマがソレをやってた。
そういう馬鹿車にたいしてし、親切なおじさんがやって来て集中ドアロックをがちゃりんこ!
すると買い物終わって戻ってきたドライバー(殆どDQN)は少し頭を抱え激怒した。

でも車盗難とかあって物騒だから、おじさんは親切でドアロックしたんだよね?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

909: 2014/08/04(月)18:14:30 ID:???

「本当に守りたいものが出来たんだ」と言って去っていった元婚約者?が、7時間後に戻ってきた。
ドアの前でアワアワ言ってることを総合すると、どうやら相手の女が、 略奪完了した途端に気を抜いて寝起きのすっぴんを晒したらしく、 そのすっぴんの別人っぷりにヤツは恐れおののいて逃げ帰ってきたらしい。

朝っぱらから
「悪い夢を見ていた、目が覚めた」
「一時の気の迷いだ」
「まさか婚約解消なんて真に受けてないよな?」
と騒いでうっとうしかったのでヤツの父親に電話して回収に来てくれと要請、
迎えが来るまでの間、ヤツが7時間前に発した
「本当に守りたいものが出来たんだ」
「世界が一変する瞬間てわかるか? ×子(相手の女)に出会った時がそれだった」
「オマエには済まないことをした。でも×子を一生かけて守っていくことでせめてオマエへの償いとしたい……」
という台詞を録音したものをドアの隙間からエンドレスで流した。

つい7時間前の黒歴史に、ヤツは半泣きで身悶えていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

840 ::2008/01/14(月) 00:36:24 ID:zE8AhcJ/

長文すまん

俺の故郷は田んぼばっかりのまさに田舎ってとこだったんだが近所のお寺に住み込みで手伝いしてるオッサンがいたんだ
生まれつきの知的障害があってあんまり会話は成立しないけどいつもニコニコして寺の掃除とかしていた

俺ら子供連中はそのオッサンの背が小学校高学年くらいしかないから「子供+オッサン」で失礼だけど「こどっさん」と呼んでた
俺と友達何人かでよくからかったりして遊んだりしたけど基本的にはみんな、こどっさんのことは別に嫌いじゃなかった

冬になりかけぐらいのある日、こどっさんが寺の外にいるのを見かけた
その様子が普通じゃなかった
手にはいつも境内で焚き火をしたりするときに使う火かき棒持って顔を真っ赤にして走り回っているが声をかけても全然聞こえてない

俺らは、もともとおかしかったこどっさんがついにトチ狂ったと驚いて、家に走って帰り「こどっさんがおかしゅうなった!」と報告して何人もの大人がこどっさんを追いかけてそれに俺らが走ってついていくという形になった

ついにこどっさんを発見したけど、こどっさんは血走った目で取り乱していて要領を得ないし、すばしっこく動いて大人にも捕まえきれない

そのうち集落のはずれに停まっていた白いバンの窓ガラスを火かき棒で叩き割った
「キャー!」
という悲鳴が響き渡って、俺もついにこどっさんがこの村からいなくなってしまうんかなとか妙に他人事みたいに考えてた

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

178: 2013/04/15(月) 02:22:38.29 ID:4tPykTqE

眠れないのでこっそり投下

昨日10時半ごろ駅で切符を買って電車を待ってたんだけど。
待っている間に財布を確認したら「アレ?100円足りない?」ということに気付いた。
そういえば券売機でお釣りちゃんと取ってなかったかもー…と思ったがたぶん今から言っても誰かに取られているだろうなと諦めていたら 後ろから高校生くらいの男の子に「あの…これもしかしてあなたのじゃないですかね」と言われ100円を私に見せた。

「あ、それたぶん私のです。ありがとうございます…」とお礼を言い受け取った。
恥ずかしかったけど「いい子だなー」と気分がほっこりして気持ちよかった。

これだけならいい話だったのだけれど、ベビーカーを引き連れた若い女性がこちらに向かってきた。
その女性をセコケチとして話を進めると、
セコケチ「それ、私のです」
私子「え?」
セコケチ「いやだからその100円私のです」
と言い出した。
いきなり言われちゃってポカーンとしていた私だったがそしたらさっき高校生の子が
「いや…この100円この人のだと思うんですけど…僕の前だったし」
と言ってくれて気を取り戻した。
そして(え!?なにこれ!?セコケチ!?)と今度は軽くパニック。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ